足袋の役目とは?について

足袋の役目とは?

足袋を貴方はご存知でしょうか?
足袋というのは、靴などが出る前に草履等の寒さ対策として登場した道具です!
見た目は恐らく靴下とほぼかわりありません!
恐らく、靴下が作られるきっかけとなったのが足袋ではないでしょうか?

ただ、靴下と足袋には大きな違いあります!
靴下は足の指を全て抑えて、一つの指のようになってしまいます。
これは靴を履く前提なのでとくに問題ないですよね?
しかし、足袋というのは先端にちょっと違いがあり、足の指がわかれるようになっているのです。
つまり、足袋を履いたまま草履などを履く事ができるのです。
これが靴下との大きな違いです!
寒さが欠点でもあった、下駄や草履に雪駄!
足袋を利用することで、冬場でも気軽に利用できるようにしてくれるのが足袋の役目なのです!
また足袋と靴下を掛け合わせたようなユニークな商品も登場しており、こちらは良い意味で現代のアイテムと混ざっているように思えます!
ちなみに、指1本ずつに別れたような軍手靴下も存在しています!

pickup